株式会社アモール

Improved Work Efficiency

業務の効率化

Meticulous systematization

きめ細やかなシステム化

時代の流れに伴い、薬局業界でもIT化は必要不可欠なものとなっています。しかしながら、すべてが機械任せで良いわけではありません。シーンによっては、アナログ的な作業を残しておいた方が正確で効率的な場合もあります。
アモールでは社内にシステム事業部を組織し、それぞれの薬局の特性(働きやすさ、効率化の度合い、適正投資かどうかなど)を総合的に判断して、きめ細やかなシステム化を図っています。

P-POS(ピーポス)

導入目的
全店共通の電子薬歴システムの導入による服薬指導の充実および薬歴記入作業の効率化「P-POS(ピーポス)」は、ガイドライン基準3条件「真正性」「見読性」「保存性」をクリアできることはもちろん、従来にはなかった『活用型』の電子薬歴システムです。
特  徴
  • 記録に時間をかけるのではなく、調剤品質・患者さんのサービス向上に時間をかけられます。
  • 薬剤師ごとのインタビュー内容設定で、効率的な薬歴記入を実現できます。
  • 「プロブレムリスト」を作成し、患者さんへのケア目標を共有化したり、医師へのフィードバック。
  • レポート作成支援機能で患者さんのQOL向上をめざした「活用」ができます。
  • 強力な連携機能によって医薬品情報を即時に参照できます。

錠剤鑑査システム

導入目的
正確な調剤が可能となります。
「鑑査レンジ複数同時画像照合システム」は、調剤時の錠剤の取り揃え調剤ミスをチェックする電子の目です。
特  徴
  • 錠剤ヒートの表裏どちらでも照合できます。
  • 一包化前の錠剤ヒートの事前照合ができます。
  • 散剤や水剤鑑査システムのジャーナル紙でも照合ができます。
  • 投薬量により複数トレイになっても分割調合ができます。
  • 間違いやすい錠剤には関連チェック機能があります。
  • 照合画像は印刷ができます。

薬VAN

導入目的
在庫管理システム活用による在庫管理の効率向上、およびオンライン発注による時間短縮「薬VAN」は、薬局専用の在庫管理システムです。
特  徴
  • 徹底した連携機能で、煩わしい入力作業を激減させます。
  • 特別な操作なしに、薬の不足や過剰が浮き出てきます。
  • グループ店・地域店との連携で経営効率をUPします。
  • 自由にデータを取り出し加工できます。
  • 既存のパソコンに導入しますので、余分な設備投資はありません。
  • 環境変化に素早く変わり続けるシステムです。

軟膏調剤・製剤機(なんこう練太郎)

導入目的
軟膏調剤・製剤機の導入による作業効率の向上化、作業者による品質の標準化
特  徴
  • 軟膏壷内部に空気を押し出す力と強い撹拌力が生じることによって、短時間で一気に軟膏を練り上げます。
  • フリーバランス方式で軟膏調剤に必要だったウェイト調整は不要です。
  • マルチアダプターで複数メーカーの軟膏容器に対応しています。
  • 混錬レシピを5つまでメモリー登録できます。
Improvement of medication guidance

服薬指導の充実

Improvement of medication guidance

服薬指導の充実

服薬指導の充実に努めています。全薬局で電子薬歴システムを導入するなどして、服薬指導の充実、効率化を図っています。(電子薬歴に抵抗ある方も大丈夫です。実際に50代、60代のスタッフも使いこなしています)押しつけの服薬指導ではなく、患者さんに本当に必要な服薬指導を心がけています。