企業情報

次世代育成支援

アモールでは「次世代育成支援対策推進法」※1に基づき「一般事業主行動計画」を策定し、計画達成に向け取り組みを進めています。

※1次世代育成支援対策推進法
次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を進めるため、101人以上の労働者を雇用する
事業主は「一般事業主行動計画」を策定し、届け出ることが義務付けられています。

株式会社アモール行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるように
するため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間
平成29年4月1日~平成31年3月31日までの2年間
2.内容

目標:計画期間内に、各項目の取得率を次の水準以上にする。

  1. 男性社員

    計画期間内に一歳以上の子の看護休暇(1日以上)を取得、
    もしくは育児短時間勤務(1日以上)利用すること。

  2. 女性社員

    育児休業の取得率を80%以上にすること。

対策
  • 平成29年4月~制度についての相談に応じる体制の整備。
  • 平成29年10月~全社員に対する育児休業制度
    (子の看護休暇、育児短時間勤務を含む)の周知・PR。
  • 平成30年4月~制度取得希望者を対象にした講習会の実施。

ページの先頭へ